すでにできてしまったお尻のセルライト「対処法」と「予防法」

すでにできてしまったお尻のセルライト「対処法」と「予防法」

すでにできてしまったお尻のセルライト「対処法」と「予防法」

お尻にセルライトがあるかどうかは、自分の目で確認しにくい部分です。しかし、見えないからといって安心はできません。
なぜならお尻は筋力が弱く脂肪が溜まりやすいので、脂肪と老廃物によるセルライトができやすい部分だからです。

女性だけでなく男性にもできる恐れがあるお尻のセルライトには、どのような方法で対処すれば良いのでしょうか?

お尻の筋力が弱まる原因

現代社会ではエスカレーターやエレベーターなどが普及し、運動不足が助長されてお尻の筋力が弱まりやすい傾向があります。
また、デスクワークなどで座り仕事をしている、長時間パソコンの前から動かないなどもお尻の筋力が弱まる原因となりえます。

こういった原因が考えられることからも、お尻のセルライトをこれ以上作らないためにはお尻の筋力アップを図ることが大切になってくるでしょう。

お尻の筋肉の鍛え方

お尻の筋肉を鍛えることで血流を改善し、セルライトの原因となる冷えやむくみの予防にも役立ちます。
お尻のなかでも大きな筋肉となる大殿筋(だいでんきん)を鍛える方法をご紹しましょう。

こういった原因が考えられることからも、お尻のセルライトをこれ以上作らないためにはお尻の筋力アップを図ることが大切になってくるでしょう。

■大殿筋を鍛えるスクワット方法

  • 1.肩幅よりも少し大きく、足を広げて立ちます。
  • 2.膝とつま先を外側へと開きます。
  • 3.背筋を伸ばしながら、ゆっくりと腰を落とします。
  • 4.この時かかとに重心をおいて、つま先より前に膝がでないように気をつけます。
  • 5.可能であれば、床と太ももが平行になるくらいまで腰を落とします。
  • 6.腰を落としきったら、膝が伸びきらないようにゆっくり腰を上げていきます。

20回を1セットとして無理のない範囲で行うようにしましょう。徐々に1セットの回数やセット数を増やしていくのがポイントです。
筋肉を鍛えることで、ヒップアップ効果も期待できるでしょう。

すでにできてしまったお尻のセルライトには?

すでにできてしまったお尻のセルライトには、セルライトに特化したコースがあるエステなどで対処するのがお勧めです。
特化したコースを選ぶことで、効率的なセルライト改善を見込めるだけではありません。

「EMS」などのマシンを使ったプロによる施術を受けることで、リバウンドしにくい体質を目指せるのも嬉しい点です。
EMSは独自の周波数をもちインナーマッスルを強化して脂肪を燃焼するだけでなく、代謝アップができるなどもメリットもあります。
さらにEMSによる施術を受けることで、運動不足解消にも役立ってくれるという優れものなのです。

せっかくプロの施術を受けるからには、セルライト解消以外にもさまざまなメリットや長い効果の実感を得たい方は少なくありません。
エステなどのコースを選ぶ際は、どのようなマシンがあるかまで注目するとより効率的なお尻のセルライト解消が実現できます。

他の部位のセルライトの原因・治し方を見る

セルライトのお悩みで多い部位ごとに、原因、予防法、治し方等について解説を行っています。

セルライトを除去するなら、
「セルライト徹底攻略コースⅡ」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●太ももの凸凹セルライトが気になっちゃう
  • ●何を試しても肩こり、便秘が治らない・・
  • ●むくみやすい体質を改善したい!
  • ●部分的にスリムになりたい!
  • ●末端の冷えに悩んでいる・・・

pagetop

pagetop