セルライトに関するコラム

セルライトに関するコラム

夏のエアコンの使いすぎに注意!冷え性とセルライトの関係とは。

夏のむくみはセルライトになる可能性大

暑い夏になると誰もが涼を得るために「エアコン」の利いた部屋で長く過ごしがちになりますが、このような過ごし方は最悪の場合「セルライト」の発生を促す事に繋がりかねないので注意が必要です。

通常、夏の暑い時期には多くの人が冷たい物を食べたり飲んだり、またはエアコンを使用するなどして体温を下げようと努めます。しかし、このような過ごし方は身体の「むくみ」を助長する原因となるので、夕方や夜にかけて下半身がパンパンになってしまうというケースも非常に多く見られます。

また、オフィスワークの人はエアコンの下で常に同じ姿勢のまま働く事が多いため、通常の人よりもむくみを発症しやすい環境下に置かれていると言えます。人間の身体は血管内や細胞内に多くの水分を含んでいますが、エアコンなどの影響で身体が冷えると血流やリンパ液の流れが悪くなり、「冷え性」となって体の水分が排出されず体内に溜まったままの状態となります。

その結果、一日が終わる頃には身体がパンパンにむくんで足首に靴下の痕が残ったり、靴がきつく感じたりするようになります。また、エアコンの影響によって冷え性を発症すると「むくみが常態化」して最悪の場合、皮下脂肪が「セルライト」に変化する事もあるので注意が必要です。

セルライトを予防する為の過ごし方とは

夏の暑い時期に冷え性やむくみ、セルライトの発生原因となり得るのは「エアコン」と「食生活の乱れ」です。

特に食事は身体のむくみの主要因と考えられており、夏の暑い時期に過剰摂取になりがちな「塩分」や「脂質」には注意が必要です。塩分は過剰に摂取すると体内に水分を多く抱え込むため、むくみを引き起こす原因となってしまいます。

また、脂質も皮下脂肪を肥大させる原因となるため、むくみだけでなくセルライトの遠因となるので摂取量を抑えることが大切です。また、夏の暑い季節にむくみや冷え性、セルライトを効果的に予防する為には「なるべくエアコンを使わない過ごし方」が非常に重要なポイントとなります。

暑い時期だからこそ身体の冷やさないように「適度な運動」や「時間を掛けた入浴」で新陳代謝を促進し、セルライトの主要因となる塩分や脂質の少ない食生活を心掛けるだけでもかなりのセルライト予防効果が期待できます。

夏にセルライトが出来た場合の対処法

夏の暑い時期に冷え性となり、発症したむくみが悪化してセルライトが出来てしまったときは「エステ」で効果的な施術を受けるのがオススメです。

シーズ・ラボではセルライトを分解して脂肪の排出を促す美容マシンを使用した施術やエステティシャンによる揉み解しなどを導入した「セルライト徹底攻略コース」などが用意されています。

これらのコースを選択する事によって、食事や運動だけでは落とせないセルライトも短期間で簡単に落とすことが可能となります。

また、赤外線を活用したマシンを使用するので、セルライト除去だけでなく「冷え性」や「むくみ」、「肩こり」などを同時に解消することが出来るという点もシーズ・ラボの大きな魅力のひとつです。

―2015年5月25日

セルライトを除去するなら、
「セルライト徹底攻略コースⅡ」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●太ももの凸凹セルライトが気になっちゃう
  • ●何を試しても肩こり、便秘が治らない・・
  • ●むくみやすい体質を改善したい!
  • ●部分的にスリムになりたい!
  • ●末端の冷えに悩んでいる・・・

pagetop

pagetop