セルライトに関するコラム

セルライトに関するコラム

何がどう違うの? セルライトと老廃物の違いとは

脂肪が増えてくるとボコボコとしたセルライトも目立ち始めます。
セルライトは老廃物が溜まることが原因でできるという認識はあるものの、ハッキリとセルライトと老廃物がどう違うのかは分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、セルライトと老廃物の違いについてご紹介いたします。

セルライトは脂肪細胞が原因

セルライトは太ももやお腹周りなど、体の中でも比較的脂肪が付きやすい部位にできます。
まずは、お腹や太ももなど脂肪が気になるところをつまんでみましょう。
ボコボコとしたものが浮き上がったら、それがセルライトです。

人は食事からエネルギーを摂取して活動していますが、消費しきれなかったエネルギーは脂肪細胞で中性脂肪として蓄えられます。
中性脂肪がどんどん蓄えられ肥大化すると、血管やリンパ管を圧迫してしまうのです。

そうすると血行不良や新陳代謝の低下などを引き起こし、これがセルライトの原因となります。

老廃物とセルライトの違いは?

「セルライト=老廃物」という認識を持っている方もいると思いますが、実は老廃物が溜まることでセルライトができてしまいます。
老廃物は、基礎代謝などで作り出される代謝産物などの不要なものを指したもの。

これは通常、血液やリンパ液に乗って汗や尿、便となり体外へ排出されますが、肥大化した脂肪細胞によって血管が圧迫されることで血流が悪くなると、代謝が落ち老廃物は体外へ排出することが難しくなります。

老廃物が溜まることでむくみを引き起こしたり、脂肪細胞やコラーゲンと結びついてセルライトが作り出されてしまうのです。
「セルライト=老廃物」というわけではなく、老廃物と結びついてできるものがセルライトであるといえます。

セルライトを作らないためには

一度増加した脂肪細胞は減ることはなく、脂肪が増えれば肥大化し、脂肪が減れば小さくなるということを繰り返しています。
そのため、セルライトを作らないようにするには、いかに脂肪細胞を肥大化させないか、ということがポイントとなります。
そのためには基礎代謝を上げて筋肉量をアップさせることが大切です。
筋肉量をアップさせれば血行が良くなり、老廃物がスムーズに体外へ排出されてセルライトができにくい体質作りに役立ちます。


老廃物をスムーズに体外に排出することができるようなケアを行うことが、セルライトを作りにくくする第一歩です。
基礎代謝をアップさせるためにも運動や食生活に気を使って、脂肪を溜めこまないような生活を心掛けましょう。

また、一度できてしまったセルライトをキレイに解消をするためには、プロの手によるケアが欠かせません。
最新のエステ施術として注目が集まっている「エンダモロジー」を取り入れれば、部分的なケアができます。
脂肪を吸引しながらローラーで潰してくれるので、効果的にスッキリボディを叶えることができますよ。

肌にも優しく効果的なセルライトケアができる「エンダモロジー」をぜひお試しくださいね。

―2016年9月2日

セルライトを除去するなら、
「セルライト徹底攻略コースⅡ」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●太ももの凸凹セルライトが気になっちゃう
  • ●何を試しても肩こり、便秘が治らない・・
  • ●むくみやすい体質を改善したい!
  • ●部分的にスリムになりたい!
  • ●末端の冷えに悩んでいる・・・

pagetop

pagetop