セルライトに関するコラム

セルライトに関するコラム

ふくらはぎのセルライトの原因と今日からできる予防策

セルライトはお尻や太ももにできやすいというイメージがありますが、実はふくらはぎにも形成されます。
目立ちにくいからと放置していると、ふくらはぎが太くなったり凹凸が悪化してしまうので注意が必要です。

そこで、ふくらはぎにセルライトができる原因と、今すぐできる予防策についてご紹介します。

ふくらはぎのセルライトの原因とは

≪1.冷えやむくみ≫
ふくらはぎは心臓から遠く、血液が行き渡りにくい場所です。
そのため冷えやすく、リンパ液の流れも滞ってむくんでしまいます。

その結果、水分などの溜まった老廃物と脂肪がくっついて、セルライトになってしまうのです。

≪2.運動不足≫
本来ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど、血液を循環させる働きがあります。
しかし、運動不足によってふくらはぎの筋肉が衰えているとこの働きが鈍くなり、冷えやすくなってしまいます。

特に長時間のデスクワークで脚力を使っていない人は要注意です。
ふくらはぎが冷えて固くなり、セルライトができやすい状態になっているでしょう。

ふくらはぎのセルライトを予防する方法

≪1.ウォーキング≫
セルライト予防のために最もおすすめなのが、ウォーキングです。

ふくらはぎをリズミカルに動かすことで血液の循環を促し、セルライトを予防することができます。 1日20分以上のウォーキングを、週に3回ほど行いましょう。

≪2.エクササイズ≫
本格的な運動をする時間が作れない場合は、簡単なエクササイズを生活に取り入れましょう。
ここでデスクワーク中にも実践しやすいエクササイズを1つご紹介します。

~かかとの上げ下げエクササイズ~

1.椅子に座ったまま、足裏を床につけます。

2.つま先を床につけたまま、かかとを引き上げましょう。

3.今度はかかとを床につけたまま、つま先を引き上げます。
ふくらはぎを縮めたり伸ばしたりするイメージで、2と3を交互に10回くり返しましょう。

≪3.湯船につかる≫
入浴する際は浴槽にお湯をためて、体の芯から温めましょう。
湯船につかることでふくらはぎの冷えを解消し、セルライトを予防することができます。

≪4.マッサージ≫
マッサージは血行を促進し、ふくらはぎの代謝を高めてくれます。
マッサージのポイントは、体が温まっている入浴後に足裏から始めること。

また、手の滑りを良くするためにオイルやクリームを塗って行いましょう。
一連の流れを守って丁寧に行うことで、むくみのないスッキリとしたふくらはぎに整えることができます。

~ふくらはぎのセルライトを防ぐマッサージのやり方~

1.足の裏をまんべんなく指圧します。

2.ふくらはぎを指で揉みほぐします。

ふくらはぎは、人の目につきやすい部分なので日ごろからキレイにしておきたい場所です。
これらの方法でセルライトを予防し、すでにできているセルライトにはマシンを使った施術で的確に解消していきましょう。

―2016年4月18日

セルライトを除去するなら、
「セルライト徹底攻略コースⅡ」がおすすめ!

こんな方におすすめ!

  • ●太ももの凸凹セルライトが気になっちゃう
  • ●何を試しても肩こり、便秘が治らない・・
  • ●むくみやすい体質を改善したい!
  • ●部分的にスリムになりたい!
  • ●末端の冷えに悩んでいる・・・

pagetop

pagetop